PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

 Revascularization 、 根未完成歯の歯髄再生

11月14日 18:00
歯科臨床十人会(ドクターの研修会)が中野サンプラザで行われました

歯根未完成歯の治療について発表してきました。(院長、各務篤彦)
ブログ3
発表タイトル
「revascularization(REPs)再生歯内治療」  について発表しました。

永久歯は乳歯と交換して萌出してきます。(6歳~13歳)
この時期に放出した永久歯はは歯の頭は完成していますが、根は完成していません。
この未完成の時期になんらかの原因で歯が死んでしまうと歯の成長が止まってしまいます。
成長が止まると、その歯は非常に弱く歯が破折することもあります。
ブログ1
根未完成の歯の治療は非常に難しく、水酸カルイウムを入れ経過を診る治療がされます。
ブログ4
近年、リバスクアリゼーション(歯内再生治療)が報告されています。
成功率はまだ高くないですが、死んだ歯の神経を再生することで、未完成の根が成長する方法です。
ブログ2
死んだ神経を再生させる方法

REPsを行ううえで重要なファクター

間葉系幹細胞(MSC)  幹細胞が分化して組織再生を期待
増殖するための足場(scaffold)  象牙質と血餅
成長因子

まだ成功率の低い方法です。
根未完成の歯が何らかの原因で失活した場合は、先生とご両親がよく相談して方法を選んでいただければよいと思います。

CIMG2886.jpg

| 研修会 | 13:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。